【Page Menu】

記事

その他

【Page Menu】

記事

その他

【Page Menu】

記事

その他

Acrobat

One Point Lesson

Acrobat

One Point Lesson

【OPL-Acrobat】側転-7

SPACE ARTダンススクール Official WebSite リニューアルに伴い
One Point LessonをWebでスタートします!
是非、スキルアップにお役立てください!

今回は「側転」のご紹介記事、第7弾です。
今回もポジション毎を繋ぐ軌道について解説して行きます。

まずは全体像から確認しましょう。

側転【全体像】

左上の番号は行程を表してます。
※左足を前に踏み込む「側転」で説明していきます。

今回は③~④に繋げる軌道のポイントをご紹介します。
一つずつ整理しながら行っていきましょう。

それでは解説スタートです。

◇軌道-1

Previous
Next

《意識する点》
・着地時におへそを地面に向ける。
→③の開脚時に横を向いているおへそを、地面に向ける事で骨盤が回転し足を降ろしやすくなります。

・着地足を出来るだけ手の近くに降ろす。
→手の近くに降ろす事で、早く体が安定しこの後の動作も行いやすくなります。

足を降ろすだけでなく『おへそ(骨盤)』を地面に向ける事が大切なポイントです。
おへそが横を向いたままでは足を上手く降ろす事ができず、転倒する確率を上げてしまうので
注意しましょう。

続いて、注意点の説明です。

◇④着地時の 注意点

⚠️注意点⚠️⚠️
・着地足が手から遠すぎる。
・上手く上体をおこせなくなってしまう。

着地足を手から遠くに降ろしてしまうとバランスが取りづらく、手で地面を上手く押す事ができずに起き上がれません。

POINTまとめ

◇③〜④までの軌道
・おへそ(骨盤)を地面に向ける。
・着地足を出来るだけ手の近くに降ろす。。

以上のポイントを意識しながら取り組んでみましょう!

次回は④~⑤に繋げる軌道のポイントをお伝えします。
お楽しみに!

Various archive pages

ワンポイントレッスン
全アーカイブページ

To the next level!

We Are Earth Crew!

To the next level!

We Are Earth Crew!