【Page Menu】

記事

その他

【Page Menu】

記事

その他

【Page Menu】

記事

その他

Physical

One Point Lesson

Physical

One Point Lesson

【OPL-Physical】バランストレーニング-3

SPACE ARTダンススクール Official WebSite リニューアルに伴い
One Point LessonをWebでスタートします!
是非、スキルアップにお役立てください!

今回はバランストレーニング『スタピライゼーション』第3弾!

前回までは体の向きが地面に向いているトレーニング姿勢を紹介しました。
今回は、『横向き』の新しいトレーニングをご紹介します。


はじめに、準備姿勢・基本姿勢の確認です。

準備姿勢

☆確認Point☆
◇支点(地面につく部位)

・肘 / 足

◇体幹部
・肩=外側に広げる
・胴体=内側に引き締める
・骨盤=内側に引き締める

ー基本姿勢ー
・肩〜骨盤の体幹部を固定

今回のトレーニングは、レベルアップさせた、発展姿勢をご紹介します。
負荷の掛かり方が変わって来ますので、自分の筋力レベルに合わせて実施してください。

◇発展姿勢-1

Previous
Next

地面につく部位=
『手』・『足』 

☆Point
・頭から足先まで真っ直ぐに
・頭方面から見ても「お尻」「頭」が
 前後にぶれない様に

⚠️注意点⚠️
発展姿勢-1は、上腕にも負担がかかる姿勢です。
筋力に合わせ、無理にない様に実施してください。

◇発展姿勢-1 (悪い例)

Previous
Next

⚠️注意点⚠️
〜正面の場合〜
・左手の上に左肩が乗っていない
・頭から足まで曲線を描いている

〜頭方面の場合〜
・頭が前に出でいる
・お尻が後ろに出でいる

よく見られる悪い姿勢です。
丁寧に正しい姿勢を確認してください。

◇発展姿勢-2

発展姿勢-1の状態から
右足のつま先を膝まで上げます。
※JAZZダンスなどで用いる「パッセ」の
 ポジションです。

☆Point☆
・頭から左足までを真っすぐにする事
・曲げている右足を内側に締めるように寄せる

ターンで使用する体の使い方に似ています。
この姿勢を維持する事ができると、綺麗なターンにも繋がります!

◇発展姿勢-3

発展姿勢-1の状態から
右足を上に上げます。

☆Point☆
・頭から左足までを真っすぐにする事
・上げている足を真っ直ぐ伸ばす

非常に負荷が掛かり、バランスが取りにくい形になります。
準備姿勢同様に、頭から足までを真っすぐに、お尻が後ろに出ないように注意して下さい。
開脚は、個々の柔軟性にもよりますので、開きすぎて体幹部がぶれない様に注意です。

トレーニング方法

・準備姿勢を取る

・発展姿勢で静止
※20〜30秒を 2〜4セット行う
※左右対称に実施


・準備姿勢に戻る

まずは、ゆっくりとした動きで、呼吸を整えながら行って下さい。
正確なポジションで、効率よくバランス力をあげましょう!!

Various archive pages

ワンポイントレッスン
全アーカイブページ

To the next level!

We Are Earth Crew!

To the next level!

We Are Earth Crew!