【Page Menu】

記事

その他

【Page Menu】

記事

その他

【Page Menu】

記事

その他

Physical

One Point Lesson

Physical

One Point Lesson

【OPL-Physical】バランストレーニング-5

SPACE ARTダンススクール Official WebSite リニューアルに伴い
One Point LessonをWebでスタートします!
是非、スキルアップにお役立てください!

今回は『初心に戻って』初級編のバランストレーニングをご紹介します。
凄く簡単で、いつでも~誰でも~どこででも!練習出来ます。
初級と言っても、侮るなかれ!
基礎の基礎を確認する事で、自分の体をもっともっとコントロール出来る様になります。

ご紹介するトレーニングは、2つの行程しかありません。
じっくり確認しながら行ってください!


はじめに、準備姿勢・基本姿勢の確認です。

準備姿勢

Previous
Next

☆Point☆
・足はしっかりと揃え、内側に寄せる
・つま先に体重をかける
→自然にお尻の筋肉が締まります
・胸を引き上げ姿勢を正す

※今回は両手を横に広げ
 バランスを取っていきましょう

◇発展姿勢-1

Previous
Next

片方の足を上げ、両手で膝を抱えます。

☆Point
・軸(赤い線)が動かない
・体幹部の形をキープ
・片足にしっかりと体重移動

軸足の体重はつま先に乗せましょう!

⚠️注意点⚠️
足の上げ方は、写真の様に膝を前に上げる様にしましょう。
股関節を支点に上げる事によって、足を上げる筋肉が鍛えられ、バットマンキックや踏み込み足など
強く・正確な動作に繋がります。

筋肉への負担も少なく、効果も抜群なので、たくさん実施して下さい。
普段運動が不足がちなお父さん、お母さんにも効果的なトレーニングなので
是非ご家族で楽しみながら行うのもおススメです!

◇発展姿勢-1 (悪い例)

Previous
Next

⚠️注意点⚠️
・猫背になり、膝を迎えに行ってしまう
→体幹が崩れてしまいます
・がに股になる
→体重が正しく移動出来ません
・かかと体重になってしまう
→コントロールが出来なくなります

この姿勢で静止出来たとしても、効果はあまり期待出来ません。
テクニック・トレーニングに欠かせない
「姿勢を正す」というポイントを意識して行って下さい。

トレーニング方法

・準備姿勢を取る

・発展姿勢まで出来るだけスピーディーに移動
※左右対称に実施


・発展姿勢で静止
※少なくとも3秒以上の静止を目指しましょう!

🗒最後に…
このトレーニングでは、
実施している人にしか分からないレベルで「グラついてしまう」事があります。
そのグラつきを如何にコントロールするかも、このトレーニングの大きな意味になります。
コントロールするには2つのポイントがあります。

①足の裏で地面を握る!
②お尻の筋肉を固めたり、緩めたりしてコントロールする!

以上のポイントも意識しながら
自分の体の安定度を高め、余裕を持ったパフォーマンスを目指しましょう!

Various archive pages

ワンポイントレッスン
全アーカイブページ

To the next level!

We Are Earth Crew!

To the next level!

We Are Earth Crew!